【公立大学法人広島市立大学】救急車運転の血圧変動リスクを軽減する減速タイミング通知装置

救急車の安全運転を支援する減速タイミング通知装置―患者の安全を第一に!

救急車での救急搬送時の急ブレーキ操作による被搬送者への血圧変動等のダメージの発生を未然に防止・抑制することを目的に、自車から交差点までの距離と、被搬送者の血圧変動量を許容範囲に保ちながら減速するために必要な制動距離から、ブレーキ操作のタイミングを計算して、運転者に指示する。

特許内容の解説

救急車などの車両での搬送時に、患者の血圧が急激に変動することがあり、これが患者にとって重大な健康リスクを引き起こす可能性があることから、これを軽減する必要があります。

この発明は、特に救急車などでの減速時の血圧変動を考慮し、患者に対する負担を軽減する減速タイミング通知装置に関するものです。

この装置は、GPS情報を活用して車両の現在速度と停止または徐行開始地点までの距離を把握し、適切な減速を行うためのタイミングを運転手に通知します。これにより、患者の血圧変動を最小限に抑えることが可能になります。

 

本発明の減速タイミング通知装置は、以下の機能を備えています:

  1. 制動距離算出手段:車両の走行速度と停車地点または徐行開始地点の目標速度から、血圧変動許容値を超えないように減速するための制動距離を算出します。
  2. 通知距離算出手段:制動距離に基づいて、実際の車速から算出された適切な通知距離を加算します。
  3. 通知手段:算出された通知距離に基づき、GPS情報と地図情報を用いて、運転手に減速開始のタイミングを通知します。

この減速タイミング通知装置を使用することで、車両の運転手は事前に減速が必要なタイミングを知ることができ、患者の血圧が危険なレベルに達する前に対応することが可能です。これにより、患者への負担を大幅に軽減し、安全に輸送することができます。

AIによる特許活用案

おすすめ救急医療サービス業界車両製造業界公共安全設備提供業者

  • 救急車製造会社への導入提案
  • 救急車メーカーに本装置の搭載を提案し、新型車両への標準装備や既存車両へのアップグレードサービスを行う。

  • 救急医療機関とのパートナーシップ
  • 救急医療機関と連携し、彼らの車両に本システムを導入することで、患者輸送の質を向上させる。

  • ドライバー訓練プログラムの開発
  • 本装置を用いたドライバー訓練プログラムを開発し、救急車ドライバーの運転技術向上を図る。

  • 総合情報
  • 弁理士解説
  • 権利概要

特許取得国:

  • サブスク
  • 譲渡
  • ライセンス

準備中です

出願番号特願2013-231642
出願日2013/11/08
発明の名称減速タイミング通知装置
出願人/権利者公立大学法人広島市立大学
公開番号特開2015-923
登録番号 特許632523