知財活用のイノベーションで差別化を

【株式会社ユピテル】事故時に有益な筒形ドライブレコーダシステム

周囲を監視して安全運転:筒形ドライブレコーダの革新

事故発生時に役立つ筒形ドライブレコーダ。目標物検出ユニットを備え、通常の運転時には周囲の目標物を検出して報知することで、安全運転をサポート。取り付けも簡単な設計で普及が期待されます。

特許内容の解説

本発明は、事故発生時に有益なドライブレコーダを提供することを目的としています。筒形状の本体に目標物検出ユニットを備え、通常の運転時には周囲の目標物を検出して報知する機能を発揮します。これにより、ユーザーは導入しやすく、安全運転を支援することが可能です。

主な構成要素と機能

  1. 筒形状の本体(10)
    • ドライブレコーダの機能を備えた筒形状の本体。
  2. リング部(31)
    • 本体の軸方向の一方端部の外周面に回転可能に装着されるリング部。
  3. 取付板(33)
    • リング部の外側に連結される取付板。
  4. 取付用ブラケット(30)
    • 本体の一方端部に取り付けられ、リング部を固定するナット部材(40)を備えたブラケット。
  5. 目標物検出ユニット(50)
    • ナット部材内に収納されており、周囲の目標物を検出するユニット。

動作原理

このシステムは、筒形状の本体に取り付けられた目標物検出ユニットを使用して、通常の運転時に周囲の目標物を検出し、ユーザーに報知します。事故が発生した場合には、ドライブレコーダの機能が発揮され、映像記録が行われます。また、取り付け用ブラケットにより、簡単に車両に取り付けることができます。

利点

  • 安全運転支援:目標物検出機能により、運転中の安全性が向上します。
  • 簡単な取り付け:取り付け用ブラケットにより、ユーザーが簡単に取り付け可能です。
  • 事故時の有用性:事故発生時に映像記録が行われ、証拠として利用できます。

AIによる特許活用案

おすすめ自動車産業セキュリティシステムモバイルアプリ開発

  • 自動車のドライブレコーダシステム
  • 自動車のドライブレコーダシステムにこの技術を導入し、安全運転支援と事故時の証拠保全を実現します。

  • ホームセキュリティシステム
  • 家庭用のセキュリティシステムに応用し、住人の接近を検知して録画を制御することで、プライバシー保護とセキュリティの両立を図ります。

  • モバイルアプリ
  • スマートフォンアプリとして開発し、ユーザーが接近すると自動的に録画を解除する機能を提供します。

  • 総合情報
  • 弁理士解説
  • 権利概要

特許取得国:

  • サブスク
  • 譲渡
  • ライセンス

#弁理士コメント

この特許は、事故時に有益なドライブレコーダを提供するための優れたシステムを示しています。目標物検出ユニットを備え、通常の運転時にも安全性を高める機能が付加されている点が非常に優れています。また、取り付けの簡便さもユーザーにとって大きな利点です。

準備中です

出願番号特願2023-028072
出願日2009/04/09
発明の名称ドライブレコーダ本体及び機器
出願人/権利者株式会社ユピテル
公開番号特開2023-054
登録番号特許第7357414