知財活用のイノベーションで差別化を

【学校法人 工学院大学】高出力密度回転電機の設計技術

トルクリップルを抑えて高出力:革新的な回転電機技術

回転電機の出力密度を飛躍的に向上させる設計技術。磁極とスロットの最適配置により、第5次空間高調波成分の振幅を抑え、効率的で高性能な電動機を実現します。

特許内容の解説

本発明は、回転電機の出力密度を向上させるための設計技術に関するものです。特に、トルクリップルに影響を与える第5次の空間高調波成分の振幅を抑えることで、電動機の効率と性能を最適化します。

主な構成要素と機能

  1. 回転子の界磁部
    • 回転子の界磁部には、着磁方向が所定の角度ずつ変更された複数の永久磁石が周方向に配置されています。
  2. 固定子
    • 固定子には、円環状の外筒部の内周面に三相のコイルが周方向に配置されています。外筒部には強磁性材料が用いられています。
  3. 磁極数とスロット数の最適化
    • 磁極数Pに対するスロット数Sが4対3または8対9とされており、この配置により第5次の空間高調波成分の振幅が抑えられます。

動作原理

この設計技術は、回転子の界磁部と固定子のコイル配置を最適化することで、第5次の空間高調波成分の振幅を抑制し、トルクリップルを低減します。これにより、電動機の出力密度が向上し、高効率で高性能な回転電機を実現します。

利点

  • 高出力密度:トルクリップルの低減により、回転電機の出力密度が向上します。
  • 高効率:磁極とスロットの最適配置により、効率的な運転が可能です。
  • 高性能:第5次空間高調波成分の振幅を抑えることで、安定したトルクを提供します。

AIによる特許活用案

おすすめ自動車産業電動機製造再生可能エネルギー

  • 電気自動車の駆動モーター
  • 電気自動車の駆動モーターに本技術を適用し、高効率かつ高性能な駆動システムを実現します。

  • 再生可能エネルギー発電
  • 風力発電や水力発電などの再生可能エネルギー発電システムの電動機に使用し、発電効率を向上させます。

  • 産業用機械のモーター
  • 産業用機械のモーターに採用し、作業効率と性能を向上させ、産業プロセスを最適化します。

  • 総合情報
  • 弁理士解説
  • 権利概要

特許取得国:

  • サブスク
  • 譲渡
  • ライセンス

#弁理士コメント

この特許は、回転電機の出力密度と効率を向上させるための優れた設計技術を提供しています。特に、磁極数とスロット数の最適化により、トルクリップルを低減し、第5次空間高調波成分の振幅を効果的に抑える点が非常に優れています。

準備中です

出願番号特願2023-102514
出願日2020/08/26
発明の名称回転電機
出願人/権利者学校法人 工学院大学
公開番号特開2023-112