知財活用のイノベーションで差別化を

【株式会社ユピテル】ユーザー検知型駐車録画解除システム

あなたのプライバシーを守る駐車録画:スマート検知技術

車両の利用者が接近すると自動的に駐車中の録画を解除し、プライバシーを保護。利用者が離れるまでは録画を開始せず、使い勝手を大幅に向上させる革新的なシステム。

特許内容の解説

本発明は、車両の駐車中における録画システムに関するもので、特に利用者の接近を検知して録画を自動的に解除する機能を備えたシステムです。従来の駐車録画システムでは、車両の利用者が映像に残ってしまう問題がありましたが、本システムはこれを解決します。

主な構成要素と機能

  1. 接近検知機能
    • 車両の利用者が車両に接近することを検知します。
  2. 録画解除機能
    • 利用者の接近を検知した場合に、駐車中の録画を自動的に解除します。
  3. 録画開始制御機能
    • 利用者が車両から所定の範囲よりも離れるまで、駐車中の録画を開始しないように制御します。

動作原理

本システムは、車両の利用者が接近したことを検知すると、自動的に録画を解除します。これにより、利用者が映像に残ることを防ぎ、プライバシーを保護します。また、利用者が車両から離れるまで録画を開始しないため、不要な録画を防止し、ストレージの無駄遣いを減らします。

利点

  • プライバシー保護:利用者が車両に接近した際に録画を自動的に解除することで、プライバシーを守ります。
  • 使い勝手の向上:録画の自動制御により、ユーザーの操作を最小限に抑え、便利に使用できます。
  • 効率的なストレージ利用:不要な録画を防ぎ、ストレージの無駄遣いを減らします。

 

AIによる特許活用案

おすすめ自動車産業セキュリティシステムモバイルアプリ開発

  • 自動車の駐車録画システム
  • 自動車の駐車録画システムにこの技術を導入し、利用者のプライバシーを守りながら効率的な録画管理を実現します。

  • ホームセキュリティシステム
  • 家庭用のセキュリティシステムに応用し、住人の接近を検知して録画を制御することで、プライバシー保護とセキュリティの両立を図ります。

  • モバイルアプリ
  • スマートフォンアプリとして開発し、ユーザーが接近すると自動的に録画を解除する機能を提供します。

  • 総合情報
  • 弁理士解説
  • 権利概要

特許取得国:

  • サブスク
  • 譲渡
  • ライセンス

#弁理士コメント

この特許は、車両の利用者のプライバシーを保護し、使い勝手を向上させるための革新的な駐車録画システムを提供しています。利用者の接近を検知して録画を解除する機能は非常に有用であり、従来の問題点を効果的に解決しています。

準備中です

出願番号特願2022-209466
出願日2018/02/20
発明の名称システム
出願人/権利者株式会社ユピテル
公開番号特開2023-036
登録番号特許第7378854